なぜ片手でメガネを取り扱うのは良くないのか

メガネを使用している人の多くが気にしているのは、いかにレンズに傷が付かないかだと言われています。しかしそれだけでなく、フレームの歪みにも気を付けなければならないのです。フレームが歪んでしまうのは片手でメガネを掛けたり外したりするのが原因です。一度や二度片手で取り扱うだけではそこまで大きな影響はありませんが、それを何度も繰り返してしまうとダメージが蓄積され歪みが目立ち広がってしまうのです。フレームが歪むことで掛けづらくなるだけでなく、見え方も全く変わってしまいます。見え方が変わることで頭痛の原因にもなりますし、目の疲れにも繋がるのです。片手の方が楽かもしれませんが、メガネや体調の不具合を避けるためにも両手で取り扱うことが大切です。

実はメガネが故障する原因にもなる

上記のように片手でメガネを取り扱うことでフレームが歪んでしまうわけですが、その他にもメガネそのものの故障にも繋がってしまいます。フレームの歪みも故障だと言えますが、それ以上にメガネの横の部分であるツルを支えているネジが緩んでメガネとして機能しなくなってしまうのです。レンズに傷が付いたりフレームが歪んでもメガネとして使うことはできますが、ネジが緩んでしまうとそもそも掛けることさえできなくなります。故障すると修理や買い替えの必要が生じて余計にお金がかかってしまいますので、できるだけ片手で取り扱うのは避けるようにしましょう。どうしても両手では扱えないという場合には、ツルを持って真っすぐ外すことを意識すれば歪みの程度が顕現されます。