メガネはどんな場所に置く?

メガネは基本的に毎日使うものなので、うっかり適当な扱い方をしてしまうことも多いかもしれません。しかしメガネがなかったら不便なものですし、ちょっと本を読みたいと思っても、視力が悪ければ裸眼では細かい活字を読むことができず、暇つぶしすらできない、という事態になってしまいがちです。メガネを机の上などに置く時は、その置き場所にも注意が必要です。メガネのレンズの種類によっては傷がつきにくいコーティングが施されていることもありますが、あまりにも汚い場所にメガネを放置しておくと、ごみやほこりなどがついてレンズが汚れてしまいます。メガネを置く時は、綺麗で清潔な場所を選ぶようにしましょう。また、メガネをどういう風に置くか、という点も大切なポイントです。

メガネの置き方に気をつけよう

メガネの置き方次第では、レンズが傷ついてしまうこともあります。レンズの正面を下向きにしてメガネを置くと、ごみやほこりがレンズにくっついたり、地面とレンズがこすれて傷がついてしまうかもしれません。たとえメガネに特殊な加工がされていても、毎日下向きにメガネを置いておくと傷がついてしまいやすいです。メガネを机などに置く時はレンズを下向きにせず、フレームが机側にくっつくようにして置きましょう。こういう置き方をすればレンズがこすれて傷がつくこともありませんし、ごみやほこりもくっつきにくいです。お気に入りのメガネが汚れたり傷ついたりしないように、メガネの置き方には注意しましょう。毎日綺麗なメガネをかければ、気分も晴れ晴れとしそうです。