メガネをお手入れするときに気を付けるべきこと

メガネをかけている人にとって、メガネはまさしく体の一部です。そんなメガネをできるだけ長く使い続けてあげるためにも、メガネのお手入れは大切です。それでは、メガネをお手入れするうえでどのような事について気を付けなければならないのでしょうか。

メガネにとって最も重要な部分はレンズです。レンズを傷つけないために注意すべきことは、乾燥した状態で拭かないこと、目の粗い布で拭かないこと、そしてお湯をかけないことです。まず、乾燥した状態で拭くと、ほこりがレンズの表面を擦ってしまい傷になります。必ずぬらしてからレンズを拭くようにしましょう。次に、洋服などに使われている目の粗い布で拭くことでもレンズに傷がついてしまいます。専用のメガネ拭きを使ってレンズを拭き取りましょう。最後に、メガネのレンズのコーティングは熱に弱いです。耐熱コーティングをしていない場合はメガネを洗う時にお湯を使わないようにしましょう。

メガネのお手入れ方法

メガネを長く使うために、適切なお手入れ方法を知りましょう。まず、メガネを水で流します。レンズには撥水処理が施されており、水で流すことでレンズに付いた汚れが水分に浮きます。この状態で、メガネにメガネクリーナーを吹きかけます。お手元にメガネクリーナーがない場合は、しっかりと水で薄めた上で泡立てた中性洗剤を使っても構いません。酸性やアルカリ性の洗剤を使用するとレンズのコーティングを痛めてしまうので使わないようにしましょう。クリーナーや洗剤でメガネ全体をくまなく洗った後は、クリーナーの場合はティッシュで拭き取り、洗剤の場合は水でしっかり洗い流しましょう。そのあと、メガネ拭きでレンズとフレームを拭き上げてお手入れ完了です。これを定期的に行い、きれいな状態を保ちましょう。