メガネは水洗いが鉄則

メガネの汚れを取り除く場合、微量であってもそのまま拭き取るのはよくありません。汚れに含まれている埃などの異物がレンズを傷つけてしまうおそれがあります。また、メガネ用の布巾を使っても乾燥した状態では生地の繊維が固く、レンズを傷めてしまう可能性は否定できません。汚れを取り除く際は水で濡らして浮き上がらせつつ、埃などの固い異物は洗い流すのが正しい方法になります。レンズの傷は直すことができないので、良好な状態を保つためにも傷が生じないように丁寧な扱いを厳守することが重要です。また、洗浄の際に温水を使うとレンズのコーティングが剥がれてしまう可能性があるので避けます。冷水を使って洗い流すのがレンズを長持ちさせるコツです。

フレームを曲げないように優しく扱うことが大切

メガネはレンズの他、耳や鼻に触れるフレームも汚れやすいと言えます。こまめに汚れを取り除くのが清潔に保つ必須条件ですが、一方でメガネのフレームは細いことから、わずかな圧力でも変形するおそれがあるので丁寧に扱わなければいけません。特に鼻が当たる部分は汚れが溜まりやすいので力任せに擦りがちですが、力を入れ過ぎると曲がったり折れてしまうことがあります。傷みが生じたフレームは完全には元通りにならないので、快適に使うためにも優しく扱うことを忘れてはいけません。超音波で汚れを落とす洗浄装置を使えば手で擦る必要はありませんが、すべての汚れを完全に取り除くのは容易ではありません。

フレームのデザインによっては装置を使えないので、力加減に注意して手作業で汚れを落とすことになります。